カフェ

ヒジノワ

ヒジノワ CAFE & SPACE

栃木県芳賀郡益子町益子1665
tel 0285-81-7380 ※営業時間内
open 11:00(日曜10:00)〜17:00
不定休

地図・アクセス・駐車場 >>

東京スコーン@ヒジノワ

 

東京スカイツリーからほど近く、十間橋通りから少し路地を入った所に

「東京スコーン」はひっそりとあります。

現在進行形でお店のリノベーションを進めながら、

毎日焼かれるスコーンは材料にこだわった他には無い味。

 

 

オーナーの田中さんは珈琲に合うカップを探して益子に何度も訪れていました。

今回は数種類のスコーンと紅茶を用意してヒジノワに初出店です。

 

出店日

2月23日(木)24日(金)

 

販売スタイルは

 

☆ テイクアウト販売(もちろん!)

☆ イートイン(スコーン+紅茶/これが基本)

☆ ランチセット(スコーン3つ+チリコンカーンソース+紅茶)

☆ ブランチセット(スコーン2つ+死ぬほど野菜スープ+紅茶)

スコーンは東京店舗で仕込みますので両日とも売り切れ次第終了です)

 

 

その他に珈琲や紅茶のイベントを企画しています。

それぞれ参加者を募集します。

 

 

◆紅茶会

223()14-17:002時間 完全予約制 2200

募集5人(最低実行2人から)

制限時間2時間。スコーン2個つき。

東京スコーンのお茶ストック約25種類(紅茶会専用メニュー)から選んで飲んでもらうお茶の飲み放題会です。飲み放題というと、ちゃらい銘柄をリストしてるように見えますがさにあらず。農園ごとや収穫ロット番号ごとのものや、フレーバーとして多くの名店に支持され採用されているおなじみの銘柄など多数。世の中の カフェや紅茶専門店がやってそうでやってない、高品質のお茶を自由に選べてたくさん飲める会は、東京スコーン独自の看板企画です。過去傾向ではひとりあたり6杯飲みます。

 

 

◆カッピング会

れんげでやるコーヒーテースティング会 完全予約制 1200/250

1案:224()10:30-12:00 

2案:224()15:30-17:00

スペシャルティーコーヒーのカッピングをする会です。カッピングを身近にある

道具を使ってやろう、というクラブ活動です。今回はちいさめのレンゲ を使い

ます。

通常のカッピング会は、カッピング1銘柄に対して200円を徴収するしくみにし

てますが、カッピング自体知らない方のために、そのしくみを簡単に解説

しすすり方を練習した後、数銘柄実践して、最後に成果を試すテスト(ブライ

ンドカッピング)をしてみようというものです。

要は、多くののコーヒー屋さんがやってるセミナー形式です。

そのあと、フリーカッピングをします。

これは東京カッピング会のルールと同じです。参加者がスペシャルティーコー

ヒーを持ち寄ってカッピングします。1銘柄250円支払いあうしくみで す。

<プログラム内容>

1.カッピングの基礎知識(実際のカッピングフォーム見せながら)

2.すすり方の練習

3.カッピング3銘柄(マンデリン、グアテマラ、エチオピアを予定)

4.カッピング1銘柄(#3でやったものから1つをブラインドで出してあててもらう)

5.フリーカッピング

 

 

Drippers'Gigs(ドリッパーズ・ギグ)

コーヒーをみんなで淹れようみんなで飲もう会

223日(木)18-21:00 完全予約制 募集20

淹れる人 1200円、

飲むだけの人1400

珈琲の淹れ方は人それぞれ。同じ銘柄を10人が淹れても10通りの味になる。そ

れって本当かどうか、試してみたことありますか?そういう問いから 始まった

会がDrippers'Gigsです。人前で珈琲を淹れるのは結構緊張しますが、自分の方

法をみんなに披露する舞台(Gigs)。そして それらを集まったみんなで飲み

あって、味をたのしんでみよう、と思います。

<会の運営ルール>

・豆と水は共通です。ヒジノワ(東京スコーン)で用意します。豆はスペシャル

ティーコーヒーですが、ポイントとしては84点以下のものを使おうと 思います

(このクラスだと特定の酸味の特徴がはっきりしていて、ドリップする側にとっ

て目標を定めやすいため)。

 →課題豆の発表は、220日頃を予定しています。

・ドリッパーは、抽出器具を持ってきてください

 こちらで用意するもの)

  ナイスカットミル

  量り(0.1g刻み)

  お湯を沸かすためのやかん(個別に貸与しません)

 コーヒーミルは要相談。手引き型なら可能ですが、備え付け型の大型は不可と

します。

 コーヒーメーカーは基本的にNGです。が、「俺はここを改造したんだ!」とい

う人がいらっしゃいましたら、いちおう持ってきてみてください。創 造性があ

れば、エントリー可能とします。

 ・ドリップをするケトル・ポットの類

 ・ドリッパー(例:kono、名門、V60

 ・ドリッパーの消耗品(ペーパーやネルなど)

 ・ドリップサーバー(ガラスのいれものなど)

 ・その他自分が使ってる補助道具(時計や温度計、微粉処理器)

 想定されるドリップ器具: ネル、ペーパー、ドーナツ、プレス、サイフォ

ン、パーコレーター

 

 

◆器と紅茶の研究会

224日(金)14-17:00 完全予約制

2200円 陶芸家限定です 4人募集

紅茶のテースティングを、異なる種類の器で行います。

陶芸家の人は、自分の焼いている器でためしてみたいものを2つ持ってきてくだ

さい。

流れ>

・紅茶を点てて、それぞれのカップに淹れる

2分待つ

・それをプラスチックのカップに注いで飲み比べる

紅茶3種類、コーヒー3種類をやります。

飲み比べた後、感想を云い合ってもいいし、自由です。けなしあいだけは、やめ

ましょう。

*どうしてもためしたい、という陶芸家以外の人がいる場合には、1500円で承り

ます(カップのサイズから想定すると3人がいいところ?

 

 

 

上記イベントのお問い合せ/申し込みは担当(古川潤)まで。

furujun007@yahoo.co.jp

 

2012年02月07日